news

「隣人X」パリュスあや子著を読んだ

津山への往き帰りの電車であっという間に読んでしまった。面白い。
「地球へ人知れず宇宙人が忍び込んでた」物だけど、ひねった話になってます。
冒頭の安っぽい設定から、チャラいSFかな…となめてたが、主人公たちの気持ちに寄り添い、やや複雑なストーリーをストレートに描く筆力に感心した。しかも処女作。
なんとこの著者は映画「ずぶぬれて犬ころ」の脚本を書いた人らしい。
そして、エリントンのサテンドールのグニョグニョしたやつ↓

posted : 2020.12.28